ワークマンのオンラインストアが注文殺到でダウンしていた

先日、私はワークマンの実店舗でフィールドコアの防寒ウィンドシェルジャケットのネイビーを購入しました。いつもワイシャツ+スラックス+このウィンドシェルジャケットで通勤しています。ネイビーやブラックだとスラックスにあわせても違和感がないので重宝しています。

 

f:id:tamikiti67:20181116231101p:plain 

ウェットスーツのような素材で1900円とは思えないくらいの保温性です。歩いていると暑いくらいですので早くもっと寒くならないかなと思っているくらいです。ファスナーもしっかりしているので品質もいいと思います。色違いのモノをもう1枚買おうかなと思っているくらいです。

 

そんなワークマンですが今、巷で話題になっているのでオンラインストアが注文殺到でダウンしたようですね。

f:id:tamikiti67:20181116230432p:plain

 

今まで実店舗が中心の販売だったため、いきなり注文が増えても対応できないのでしょう。思わぬ特需ですね。まさかワークマンもこんなことになるとは数カ月前には思ってもみなかったことでしょうね。

 

 

xxx.downshift.work

 

 

ボヘミアンラプソディー見てきました。これはヤバい。

 

Bohemian Rhapsody (The Original Soundtrack)

Bohemian Rhapsody (The Original Soundtrack)

 

 

いちおうリアルタイムで聞いていたクイーンの自伝的音楽映画ボヘミアンラプソディー。最後のロンドンはウェンブリースタジアムで行われたライブエイドの再現映像は圧倒的臨場感。

フレディーマーキュリーが亡くなったのは  45歳の時。太く短く生き抜いた彼の生きざまはまさしくロック。かっこよすぎます。こちらは48歳になってもフラフラ何やってるんだろうと思いましたが、彼の魂の叫びに頭をガツンと殴られような気分です。とにかく音楽のパワー、ロックの格好良さを再認識しました。

勝手にやってみた 鉄道沿線比較 関西圏VS中京圏その2

 

鉄道沿線比較シリーズ第2回目です。今回は愛知・岐阜県を走る中央本線大阪府和歌山県を走るJR阪和線沿線の対決です。さっそく次の表を見てみましょう。

 

f:id:tamikiti67:20181112221743p:plain

 ※大阪ー天王寺間は大阪環状線

 

名古屋駅大阪駅からの主要駅とKm数を並べています。

 

1. 大曽根VS天王寺

 

まず名古屋、大阪をスタートして約10㎞のところに大曽根天王寺があります。大曽根は名古屋ドームと徳川園、徳川美術館がある街ですね。大曽根駅の西側は思いのほか高級住宅街だと思います。天王寺あべのハルカス天王寺動物園、近くには新世界、あいりん地区から飛田新地までありますね。個性的という点では天王寺に軍配が上がるでしょう。

 

2.春日井VS堺

 

この戦いは堺のほうが大差で勝利ではないでしょうか。世界最大の墓である仁徳天皇陵をはじめとする大規模な古墳群、鉄砲鍛冶に由来する刃物の街、世界最大の自転車パーツメーカーのシマノの本社もあります。紀州街道沿いには古い街並みも残っています。

春日井はあまり印象がないですね。強いてあげればサボテンの産地くらいでしょうか。名古屋のベッドタウンです。

 

3.多治見VS岸和田

 

熊谷と毎年日本一の暑さを競う岐阜県多治見市は陶磁器の街です。かたや岸和田はだんじり祭りの街です。見どころとしては多治見の方がたくさんありますね。私は多治見市、結構好きです。陶磁器の窯元も多数ありますし紅葉の名所の虎渓山永保寺もあります。

 

4.土岐VS日根野

 

土岐の方がいいんじゃないでしょうか。土岐も多治見と同様、陶磁器の街で郊外にはアウトレットもあります。日根野関空への乗換駅であまり見どころはないかと思います。でも関空の魅力は高いですね。空港全体がほとんど一つの街です。一回しか利用したことがないですが・・

 

5.恵那VS和歌山

 

恵那は栗きんとんで有名な「川上屋」や「すや」がある街です。有名な恵那峡もあります。また少し離れますが旧蛭川村に博石棺という鉱物の博物館があります。鉱物マニアには有名な場所です。また恵那の少し手前の瑞浪市は知る人ぞ知る化石の町です、駅からすぐ近くの瑞浪川の河原でも化石採集が楽しめます。主に新生代中新世の生き物の化石ですね。貝が多いです。

和歌山市はもちろん和歌山県の県庁所在地ですが、個人的には南部の田辺、白浜、串本に比べると通過することはあってもきちんと訪れたことが無い街です。和歌山ラーメン、和歌山城紀三井寺は有名だと思いますが・・来年はぜひ訪れたいと思います。

 

6.結論 

中央本線阪和線の魅力度は同じくらいですかね。甲乙つけがたいですね。正直言うと中央本線は車窓風景が多治見―中津川間がほとんど同じような風景が続いて眠くなってしまうんです。阪和線は堺以南がちょっと弱いですかね。海側を走る南海本線で比較したらまた違う結果になるかもしれません。あくまで個人的意見です。

 

阪和線 - Wikipedia

 

 

xxx.downshift.work

 

 

 

勝手にやってみた 鉄道沿線比較 関西圏VS中京圏 その1

matome.naver.jp

 

私が仕事の関係で愛知県に住むようになってから22年が経ちました。それまでは関西に住んでいましたので、ほぼ同じ割合で関西と愛知に住んでいることになります。(物心のついていない生誕~幼稚園卒業の期間はカウントしてません。)

 

愛知および名古屋はよく魅力がないないといわれますが、その通りです。否定はしません。(笑) 住んでいるといいところもあるんです。例えば街がそれほどゴミゴミしてなくてキレイだとか、道が広いので車が運転しやすいとか、朝のラッシュアワーがそこまでひどくないとか、車さえ持っていれば生活はかなり便利だとか、仕事先はトヨタ系をはじめとしてとりあえずいっぱいあって有効求人倍率も全国最高レベルだとか・・。さすべいに傘をさした自転車のおばちゃんとぶつかりそうになることもありません。

 

でも魅力はないです!! 関西と比べると、ほんとうに遊ぶところ、見るべき所、観光名所が少ないですね。私も20年以上住んでいるので近場のスポットはほぼ行き尽くしました。1回行くともういいかという気分になる所もありますので、急に一日スパッと空いてしまうと本当にどこに行こうかと考え込んでしまいます。私は基本的に一日中、家に閉じこもっているのは苦手です。特に晴れた日に家に閉じこもっていると罪悪感さえ感じますのでこれは大問題です。

 

関西圏と中京圏がどれくらい魅力度で違うのか次の表で比較してみましょう。

 

f:id:tamikiti67:20181112162409p:plain

 

左側の列が名古屋を中心としたJR東海道沿線の街、右が大阪を中心としたJR神戸線京都線の街です。

 

1.関ケ原VS明石

 

上から見ていくと関ケ原と明石ですが距離的には大阪、名古屋からそれぞれ似たような距離にあります。しかし両者は違いすぎますね。関ケ原はただの山ですから。古戦場はありますが、よほど戦国時代好きでないとちょっと厳しいですね。冬はムチャクチャ雪降ります。対して明石は明石焼き、タコ、明石城、標準時の通る明石天文台、大蔵海岸と見どころたっぷりです。

 

2.大垣VS垂水

 

大垣と垂水の対決も微妙ですね。水都大垣ですがお城はあるものの地味ですね。松尾芭蕉奥の細道の終点の地と言われても、そうですかという感じです。いっぽう垂水は明石海峡大橋もあるしアウトレットもあるし若い人受けしそうです。

 

3.岐阜VS三宮

 

三宮と岐阜の対決も圧倒的に神戸の中心、三宮の勝利でしょう。異人館に中華街、ハーバーランド、センター街など女子受けしそうなスポット多数です。近くの六甲や御影もおしゃれです。岐阜は鵜飼いくらいしかないですからね。あっちのほうなら金津園とかもありますが、観光レジャーとしてはちょっと・・・

 

4.一宮VS西宮

 

一宮と西宮対決も西宮の方が圧倒的勝利かと・・。西宮にはあの高校球児の憧れ、阪神タイガースの本拠地、甲子園がありますからね、一宮には一宮競輪場がありますが。また一宮には一宮の名前の由来となった尾張国一宮眞清田神社がありますが、西宮にも年明けの「えべっさん」で有名な西宮神社があります。

 

5.刈谷VS高槻

 

刈谷VS高槻ですが、刈谷豊田市と並び車産業の中心地です。どちらかというと魅力うんぬんを語るより働く街ですね。高槻は大阪のベッドタウンで人口からいうと高槻のほうが圧倒的に大きな街です。観光という点では両者とも厳しいですね。

 

6.岡崎VS京都

 

京都VS岡崎ですが、比べるのもかわいそうですね。日本を代表する国際観光都市とローカルな岡崎市。でも岡崎市徳川家康ゆかりの歴史ある自然豊かないい街です。私は住んだことは無いですが7年ほど岡崎市で働いたことがあります。岡崎は独特ですね。愛知県で名古屋に対抗できるのは実は岡崎市ではないかと思うくらいです。ほかの愛知県の住民なら名古屋に住んでいなくても、他県の人からどこに住んでいるかと尋ねられたら、いちいち細かい説明をするのが面倒なのでとりあえず名古屋に住んでますと言いますが、岡崎市の人は岡崎に住んでいますと平気で言いますから自分たちの街に誇りを持っていると思います。

 

7.蒲郡VS大津

 

蒲郡VS大津は意外といい勝負かもしれないですね。大津と言えば琵琶湖ですが蒲郡は愛知県を走るJR東海道線沿線で唯一、市街が海に面している街です。ラグーナテンボスといったテーマパークから最近人気のある竹島水族館など魅力的な観光スポットがあります。でも大津の石山寺のような一級の社寺はないですね。

 

8.豊橋VS近江八幡

 

豊橋東三河の中心地ですが、ここまでくると名古屋の影響力はだいぶ弱くなります。逆にお隣の静岡県浜松市に親近感を抱いている人も多いのではないでしょうか。遊びに行くなら豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)がおすすめですね。それ以外は車がないとちょっと遊ぶのは厳しいです。近江八幡の私のイメージは水郷と、近江商人、鮒ずしです。

 

9.浜松VS彦根

 

浜松と彦根がだいたい同じような距離になります。大阪、名古屋からそれぞれ約100kmです。浜松は魅力的な街で私は好きです。ウナギに浜松餃子浜松市動物園にフラワーパーク、航空自衛隊浜松基地もあります。楽器の町としても有名ですね。またブラジル、ペルー系の人も多いのでそういった異国の雰囲気の飲食店も多いですね。しかし在来線で愛知から浜松へ行くとほぼ100%豊橋で電車を乗り換えないといけないのがネックです。しかも豊橋―浜松間は普通しか走っていませんので時間がかかります。その点、関西の東海道山陽線を走る新快速は素晴らしいですね。彦根はなんといっても国宝彦根城ですね。

 

 

10. 結論

やっぱり関西の方が魅力的でしょう。関西は狭い範囲に大阪、神戸、京都、奈良と個性的な都市が集中する日本でも特別な地域だと思います。来年以降、親の介護の関係で私も関西に滞在することが多くなりそうです。

 

 

 

亀山みそ焼うどん発祥の亀八食堂に行ってきました

 

 

 三重県亀山市にある亀八食堂さんはB級グルメ亀山味噌焼きうどん発祥の店として有名です。国道1号線、名阪国道などを走るトラックの運転手さんたち御用達のメニューが、いつしか地元の味として親しまれ、今では県外からも客が訪れるようになりました。

 
f:id:tamikiti67:20181107210405j:image

 

私と嫁が訪れたのは昼の2時前で、さすがにこれくらい遅いお昼になると駐車場も空いていました。トラックが何台も駐車できる広大な駐車場です。


f:id:tamikiti67:20181107210421j:image

 

店内は数組のお客がいました。ちらっと見える白い服を着たおじさんが店主のようです。お水はセルフでグラスはワンカップ大関の空き瓶がこの店のスタイルです。 


f:id:tamikiti67:20181107210505j:image

 

オーダーの方法はまず肉を頼みます。肉はカルビ、牛バラ、トンテキ、豚バラなどいろいろな種類があります。店のスタンスとしてはみそ焼きうどん屋ではなくあくまで焼肉屋ですので、メニューにはみそ焼きうどんという文字はありません。肉とうどん、ライス、漬物などの単品が並びます。

 

お肉を頼むと自動的に大量の野菜と味のキモとなる味噌ダレがついてきます。運んできた店員さんがガスコンロの上の熱くなった鉄板にバサッとそれらを無造作に投入していきます。野菜の山が大迫力です。そして自分で肉と野菜、味噌ダレをぐちゃぐちゃに混ぜ焼いていきます。見た目はあまりよろしくないですね。



f:id:tamikiti67:20181107210548j:image

 

肉に火が通り野菜がしんなりしてきたらうどん玉を投入します。うどん玉はスーパーで売っているような袋そのままです。鈴鹿市の玉屋製麺所さんのモノです。

 

f:id:tamikiti67:20181107210523j:image

 

うどん投入しました。(*^▽^*) 焦げ付かないように肉、野菜、味噌ダレに絡めます。


f:id:tamikiti67:20181107210620j:image

 

全体に水分がとべば完成です。火をとめて食べ始めます。しかし私たちは火を止めたつもりでいましたが、実は全開で火がついていて(ガスコンロのコックの位置を勘違いしていた!)、あとでかなり鉄板を焦がすことになりました。

 

さてお味の方ですがとてもおいしかったです! ご飯がすすむ味ですね。私たちはライスを頼みませんでしたが、隣の人たちはうどんをご飯にのせて食べていました。炭水化物ON炭水化物ですね。味は濃いめでいかにもトラック運転手や現場の人たちが好みそうな味です。

 

店のおすすめとしては肉2に対しうどん1がバランス的にいいということでしたが、味噌ダレがけっこうピリ辛なので肉:うどんの比率は1:1でも個人的にいいような気がしました。この日、私たちは肉3に対しうどん2です。料金は肉の種類によって変わってきますが、二人でトータル1950円でした。

 

 食べ終わって一息つくと、店主さんが他のテーブルの鉄板の焦げをモクモクとヘラでこそぎ落としています。たぶん毎日毎日この作業を何年もやってきているのでしょうね。かなり鉄板を焦がしてしまって申し訳なくなりました(´;ω;`)ウゥゥ。

 

 

xxx.downshift.work