セントレアから飛行機乗るならアシストコインパーキング

 

たまにセントレア中部国際空港)から飛行機に乗って旅行に出かけます。セントレア名古屋鉄道でも行くことができますが、私の町からは不便ですのでたいてい車で行くことになります。

 

そこでどこに車をとめておくかが問題ですが、人工島のセントレア内の駐車場は一日1500円、連絡橋の通行料が片道180円、3泊4日で4,860円もかかってしまいます。よってこれまではセントレアの手前にある送迎サービス付きの民間駐車場にこれまで預けていました。

 

 民間駐車場の料金表です。

f:id:tamikiti67:20181014131556p:plain

 

3泊4日で4,100円です。少し安くなりますね。でも先日ネットで調べてさらに安い駐車場を見つけました。名鉄常滑駅前にあるアシストコインパーキングです。一日最大料金が400円です。ただのコインパーキングですので送迎はありません。

 

 

アシストコインパーキング料金表

f:id:tamikiti67:20181014131847p:plain

 

3泊4日で二人で旅行したとすると

駐車料金 400円×4日=1,600円

電車賃(常滑中部国際空港往復2人分)1,240円

合わせて2,840円です。かなり安くなりました。

 

人数が増えると電車賃が増加するので差は詰まってきますが2人ならじゅうぶんお得かと思います。常滑駅中部国際空港駅から2駅、5分くらいの距離なので利便性もばっちりだと思います。荷物が多くなければぜひ利用したいですね。

 

さらにこちらのアシストコインパーキングからイオンモール常滑まで1kmほど歩けば、セントレアへの無料シャトルバスが出ているのでさらに電車賃を浮かすことができます。

 

www.assistchubu.co.jp

今年はプラカードの仕事なしで終わりそう

正社員をやめてから約1年ほど、失業給付をもらってちょっとしたバイトしかしていない期間がありましたが、その時よくお世話になっていたバイトが分譲住宅の案内看板(プラカード)持ちのバイトです。天候さえよければイスに座ってるだけの非常に楽なバイトです。

 

xxx.downshift.work

 

 

基本的に土日祝日のお仕事ですが、今年は土日祝日はほぼ観光案内所の仕事に入っていたのでプラカード持ちのバイトはまったく入れませんでした。おかげで毎週きていた仕事案内のメールも、派遣会社の担当が退職したのを機に来なくなってしまいました。ちょっと寂しいですね。

 

このところ気候がいいのでぜひやってみたいのですが、そう考えている他のバイト連中も多いでしょうね。たぶん応募の競争率は高いでしょう。わたしの出る幕ではないかもしれません。

 

 

 

 

レジ袋の有料化にコンビニ店員悲鳴らしい

先日、ネットで下記のような記事を目にしました。

 

「トラブルの種になりかねない」レジ袋の有料化にコンビニ店員悲鳴 - ライブドアニュース 

 

環境省がプラスチックごみ削減に向け、レジ袋の有料化を小売店に義務付ける方針を固めたことが11日、分かった。来週にも中央環境審議会小委員会で実施時期や義務化の対象などの具体策が議論される予定だ。

セブン&アイ・ホールディングスの井阪隆一社長も同日、「(同社運営の)イトーヨーカ堂はすでに有料化している」とした上で、セブン-イレブンでの有料化にも含みを持たせたと各紙が報じている。

コンビニでレジ袋が有料化する可能性があることから、ネットでは「レジ袋有料化ってまたコンビニ店員が割りを食いそうなことを…」「絡まれるコンビニ店員増えそう」と店員を心配する声が上がっている。

 

ただでさえ取扱業務が増えて現場が悲鳴を上げているコンビニ業界ですが、レジ袋有料化するとお客への確認事項が増えトラブルのもとになりかねないという声がでてます。

 

私も11年前、37歳の時に1年ほどセブンイレブンでバイトしたことがあります。主に早朝6:00から9:00に入っていましたが、7:00から8:30にかけてはコンビニが最も忙しい時間帯で一人のお客にてこずるとレジに長蛇の列ができてしまい気の抜けない時間帯です。

 

そんな時に「レジ袋1枚5円です」「なんで今までタダだったのに金とるんや!?」「すみません、本日からこのようになりました・・」なんてやり取りはやってられません。コンビニはスーパーとはちょっと違いますね。急いでいる人が多いですからね。

 

環境の為にはレジ袋有料化がいいとも言われていますが、レジ袋などのプラスチック袋は石油からガソリンを精製する際に出た別の成分から作るので、レジ袋やビニール袋を作らないとそういった成分が無駄になると、以前「ほんまでっか」に出ていた武田先生が言っていたと思います。問題になっているのは正規のゴミ収集ルートからはずれた、道端や海などに捨てられたレジ袋だと思います。捨てる側のマナーの問題かと思います。

 

むやみやたらとレジ袋をもらわないとともに「ゴミ出しルールを守る」というふうに社会全体の意識を高める方がいいかと思います。

休みの日数だけが問題でない タイミングも重要

f:id:tamikiti67:20181014220644j:plain

 

正社員から足をあらって2年半以上、フリーターとして働いています。収入は半減ですが、メリットもたくさんあります。ストレスが少ない、通勤時間が短くなった、それにともない自由な時間が増えたなどです。

 

そらに大きなメリットは単に休みをとるだけでなく、好きな時に休みを取れるということです。正社員だとやはり有給休暇1日とるのにもいちいち周りの目を気にしないといけませんが、アルバイトはそこまで責任はないです。むちゃくちゃなことはしませんが比較的好き勝手に休みを取ることができます。

 

休みというのは日数だけでなくそのタイミングが重要だと思うのです。たとえば好きなアーチストのコンサートがあったとします。でもコンサートはけっこう平日開催だったりします。普通の会社員だとつまらない会議や取引先とのアポが入る可能性があったりして、なかなか休みを取りづらいものです。

 

その点フリーターは前の月のシフト申告の際に言っておけば、だいたい何とかなるものです。どうしても絶対来いと言われたりしたらそれはブラックバイトですね。そういう自由と引き換えに安い給料で働いているわけです。

 

政府が労働環境改善と言ってプレミアムフライデーとかシャイニングマンデーとかお仕着せの中途半端な半休を推進していますが、お仕着せはいらないですよね。本来なら休みをとりたいタイミングは人によって違うものです。

 

プレミアムフライデーとかシャイニングマンデーを広めるのにお金を使うなら有給休暇100%取得必達を掲げてほしいものです。違反したら億単位の罰則金付きでです。

 

 

 

 

夏の高校野球を2部制にしてみては

f:id:tamikiti67:20181011204822j:plain

 

阪神の金本監督が辞任という残念なニュースが飛び込んできました。就任時はマスコミもファンも三顧の礼で迎えたのに、3年もたてばえらいたたかれ方で気の毒な気もします。そういう世界なのでやむを得ないかもしれませんが、なんともやりきれないですね。

 

私は阪神ファンというわけではありませんが、夏の甲子園開催中の死のロードは他球団に比べて不公平な気がしてなりません。もちろん最下位の原因はそこにあるわけではありませんが金本監督のニュースを聞いてふと思いました。

 

そこでなのですが夏の高校野球の日程を2分割にできないでしょうか。1回戦から3回戦までを前半、1週間ほど休みをおいて、その後の準々決勝、休養日、準決勝、決勝の4日間の日程を後半に行うのです。日程的には前半の方が圧倒的に長いですが、それでも休止期間中に阪神が戻ってくることができれば死のロードは短くなるのではないでしょうか。

 

1週間程度の休止期間なら高校野球を夏休み期間中に終わらせることは可能だと思いますし、阪神のメンバーも地元で試合して家に帰って一息つけるのではないかと思います。

 

また高校野球のピッチャーにとっても連投を防ぐことができ十分休養がとれるのではないでしょうか。遠くのチームも一回地元に帰ることができます。もちろん2回甲子園に行かないといけないので旅費は増えますが、そこは準々決勝進出8チームだけですので連盟が補助できないかと考えます。

 

今年は秋田の金足農の活躍が大きな話題になりましたが、3週間以上地元を離れて合宿生活だからさぞ大変だと思います。高校野球2部制は阪神球団、高校野球出場チームどちらにもメリットがあると思います。いかがでしょうか。