大手の夏のボーナスは過去最高らしい、それがどうした?

 

大手の夏ボーナス 過去最高 | 2018/8/1(水) 19:27 - Yahoo!ニュース

 

あたりまえですが中年フリーターにボーナスはありません。

 

時給1000円生活です。

 

こういうニュースはまったく関係ないですね。

 

他人の幸せのニュースは腹立たしく思いますが、ちょっと会社員生活に未練が残っているのでしょうかね?

 

いや、そんなことはない!(シャキーン)

 

お金ではなく精神的豊かさをとる生活を選択したのだ!

 

私の選択に間違いなどなーーーーーーーーい!!

 

 

 

でもやっぱりお金は欲しい(´;ω;`)ウゥゥ

 

「生産性」を言われればセミリタイアなんて生産性は限りなくゼロ

 

杉田水脈議員のLGBTに関する発言が物議をかましています。

 

Skeltia_vergber on the Web : 杉田水脈著『「LGBT」支援の度が過ぎる』を全文書き起こす(転載歓迎)

杉田水脈著『「LGBT」支援の度が過ぎる』57-60.『新潮45』2018年8月号

この1年間で「LGBT」(L=レズビアン、G=ゲイ、B=バイセクシャル、T=トランスジェンダー)がどれだけ報道されてきたのか。新聞検索で調べてみますと、朝日新聞が260件、読売新聞が159件、毎日新聞が300件、産経新聞が73件ありました(7月8日現在)。キーワード検索ですから、その全てがLGBTの詳しい報道ではないにしても、おおよその傾向が分かるではないでしょうか。
 朝日新聞毎日新聞といったリベラルなメディアは「LGBT」の権利を認め、彼らを支援する動きを報道することが好きなようですが、違和感を覚えざるをません。発行部数から言ったら、朝日新聞の影響の大きさは否めないでしょう。
 最近の報道の背後にうかがわれるのは、彼ら彼女らの権利を守ることに加えて、LGBTへの差別をなくし、その生きづらさを解消してあげよう、そして多様な生き方を認めてあげようという考え方です。
 しかし、LGBTだからと言って、実際そんなに差別されているものでしょうか。もし自分の男友達がゲイだったり、女友達がレズビアンだったりしても、私自身は気にせず付き合えます。職場でも仕事さえできれば問題ありません。多くの人にとっても同じではないでしょうか。
 そもそも日本には、同性愛の人たちに対して、「非国民だ!」という風潮はありません。一方で、キリスト教社会やイスラム教社会では、同性愛が禁止されてきたので、白い目で見られてきました。時には迫害され、命に関わるようなこともありました。それに比べて、日本の社会では歴史を紐解いても、そのような迫害の歴史はありませんでした。むしろ、寛容な社会だったことが窺えます。
 どうしても日本のマスメディアは、欧米がこうしているから日本も見習うべきだ、という論調が目立つのですが、欧米と日本とでは、そもそも社会構造が違うのです。
 LGBTの当事者たちの方から聞いた話によれば、生きづらさという観点でいえば、社会的な差別云々よりも、自分たちの親が理解してくれないことのほうがつらいと言います。親は自分たちの子供が、自分たちと同じように結婚して、やがて子供をもうけてくれると信じています。だから、子供が同性愛者だと分かると、すごいショックを受ける。
 これは制度を変えることで、どうにかなるものではありません。LGBTの両親が、彼ら彼女らの性的指向を受け入れてくれるかどうかこそが、生きづらさに関わっています。そこさえクリアできれば、LGBTの方々にとって、日本はかなり生きやすい社会ではないでしょうか。
 リベラルなメディアは「生きづらさ」を社会制度のせいにして、その解消をうたいますが、そもそも世の中は生きづらく、理不尽なものです。それを自分の力で乗り越える力をつけさせることが教育の目的のはず。「生きづらさ」を行政が解決してあげることが悪いとは言いません。しかし、行政が動くということは税金を使うということです。
 例えば、子育て支援や子供ができなカップルへの不妊治療に税金を使うというのであれば、少子化対策のためにお金を使うという大義名分があります。しかし、LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり「生産性」がないのです。そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか。にもかかわらず、行政がLGBTに関する条例や要項を発表するたびにもてはやすマスコミがいるから、政治家が人気とり政策になると勘違いしてしまうのです。

 LGBとTを一緒にするな

 ここまで私もLGBTという表現を使ってきましたが、そもそもLGBTと一括りにすることが自体がおかしいと思っています。T(トランスジェンダー)は「性同一性障害」という障害なので、これは分けて考えるべきです。自分の脳が認識している性と、自分の体が一致しないというのは、つらいでしょう。性転換手術にも保険が利くようにしたり、いかに医療行為として充実させて行くのか、それは政治家としても考えていいことなのかもしれません。
 一方、LGBは性的嗜好の話です。以前にも書いたことがありますが、私は中高一貫の女子校で、まわりに男性はいませんでした。女子校では、同級生や先輩といった女性が疑似恋愛の対象になります。ただ、それは一過性のもので、成長するにつれ、みんな男性と恋愛して、普通に結婚していきました。マスメディアが「多様性の時代だから、女性(男性)が女性(男性)を好きになっても当然」と報道することがいいことなのかどうか。普通に恋愛して結婚できる人まで、「これ(同性愛)でいいんだ」と、不幸な人を増やすことにつながりかねません。
 朝日新聞の記事で「高校生、1割が性的少数者」という記事がありました(3月17日付、大阪朝刊)。三重県男女共同参画センターが高校生1万人を調査したところ、LGBTは281人で、自分は男女いずれでもないと感じているXジェンダーが508人。Q(クエスチョニング=性的指向の定まっていない人)が214人いて、合わせて1003人の性的少数者がいたというものです。それこそ世の中やメディアがLGBTと騒ぐから、「男か女かわかりません」という高校生が出てくる。調査の対象は思春期の不安定な時期ですから、社会の枠組みへの抵抗もあるでしょう。
 最近の報道でよく目にするのは、学校の制服問題です。例えば、「多様性、選べる制服」(3月25日づけ、大阪朝刊)。多様な性に対応するために、LGBT向けに自由に制服が選択できるというものです。女子向けのスラックスを採用している学校もあるようです。こうした試みも「自分が認識した性に合った制服を着るのはいいこと」として報道されています。では、トイレはどうなるのでしょうか。自分が認識した性に合ったトイレを使用することがいいことになるのでしょうか。
 実際にオバマ政権下では2016年に、「公立学校においてトランスジェンダーの子供や児童が“心の性”に応じてトイレや更衣室を使えるようにする」という通達を出しました。先ほども触れたように、トランスジェンダーは障害ですが、保守的なアメリカでは大混乱になりました。
 トランプ政権になって、この通達は撤回されています。しかし、保守派とリベラル派の間で激しい論争が続いているようです。Tに適用されたら、LやGにも適用される可能性だってあります。自分の好きな性別のトイレに誰もが入れるようになったら、世の中は大混乱です。
 最近はLGBTに加えて、Qとか、I(インターセクシャル=性の未分化の人や両性具有の人)とか、P(パンセクシャル全性愛者、性別の認識なしに人を愛する人)とか、もうわけが分かりません。なぜ男と女、二つの性だけではいけないのでしょう。
 オーストラリアやニュージーランド、ドイツ、デンマークなどでは、パスポートの性別欄を男性でも女性でもない「X」とすることができます。LGBT先進国のタイでは18種類の性別があると言いますし、SNSフェイスブックアメリカ版では58種類の性別が用意されています。もう冗談のようなことが本当に起きているのです。
 多様性を受けいれて、様々な性的指向も認めよということになると、同性婚の容認だけにとどまらず、例えば兄弟婚を認めろ、親子婚を認めろ、それどころか、ペット婚、機械と結婚させろという声が出てくるかもしれません。現実に海外では、そういう人たちが出てきています。どんどん例外を認めてあげようとなると、歯止めが効かなくなります。
 「LGBT」を取り上げる報道は、こうした傾向を助長させることにもなりかねません。朝日新聞が「LGBT」を報道する意味があるのでしょうか。むしろ冷静に批判してしかるべきではないかと思います。
 「常識」や「普通であること」を見失っていく社会は「秩序」がなくなり、いずれ崩壊していくことにもなりかねません。私は日本をそうした社会にしたくありません。

 

私がこの文章を読んで思ったのは、LGBTが日本では諸外国ほど差別を受けていないといっても、これまでは世間体もあってカミングアウトすることができなかっただけじゃないんでしょうかということです。

 

さらにLGBT支援が行き過ぎと言っても、この文章からはどの部分が行き過ぎなのかも良くわかりません。

 

具体的に説明して欲しいところです。

 

全文を読めば言いたいことが分からないわけでもないですが、やはり社会秩序の維持のために少数者を切り捨ててもいいという思想があると思わざるを得ないですね。

 

杉田議員自身が個々のLGBTの人たちを差別しないとは言っていますが、社会の秩序を乱す存在として集団としてのLGBTの人たちを快く思っていないことはよく伝わります。

 

 

 

それはともかくこの文章の最大の問題点はやはり「生産性」という言葉を持ってきたことです。

 

昨年の選挙の際の小池都知事の「排除」もそうですが、言葉って怖いですね。

 

 杉田議員はこの部分だけを切り取られて批判されていると反論していますが、批判される理由は明らかに問題がこの部分だからです。

 

問題はLGBTうんぬんではなく議員の人権意識の希薄さにあります。

 

そのことを杉田議員はわかってないのでしょうね。

 

 

人間に対して「生産性」という言葉を議員たる立場の人が間違っても使ってはいけないですね。

 

 

 杉田氏のいうところの生産性で評価すると独身者、子供が欲しくてもできないカップル、病気や障害のため働けない人、引きこもりや失業者、セミリタイアして働いていない人もみんな生産性ゼロになってしまいます。

 

生産性は経済活動を評価する際の言葉で人間を評価する言葉ではありません。

 

そもそも国民をひとりの人間として見ずにただの経済活動のコマとしてマクロ的に認識しているからおかしなことを言いだすのでしょうね。

 

自民党にはそういう土壌があるのでしょう。

 

安倍首相の「一億総活躍社会」も同じです。

 

人間たるもの活躍しなければ価値はありません。(笑)

 

 

 杉田議員の論理は人間に優劣をつけるという点で、極端な例ですがアドルフ・ヒットラーや相模原事件の犯人をも連想させます。(人間は能力の優劣はあるとは思いますが、生存権基本的人権に優劣はありません)

 

 そもそも憲法が定めるように人種や性別、健康、身体的特徴および政治的、経済的又は社会的関係において人間に優劣はあってはいけないのです。

 

これは現代社会のコンセンサスです。

 

政治家として何を学んできたのでしょうかね。

 

一度日本国憲法に立ち返ってほしいものだと思います。

 

第十一条 国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。

第十二条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。
十三条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。
第十四条 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない

 

杉田議員も保守なので憲法改正派なのでしょうが、上記の基本的人権に関する条項は憲法の中でも最もアンタッチャブルな部分です。
 
物事を発言するときはきちんと踏まえて欲しいものです。
 

 

xxx.downshift.work

 

 

 

7月の収支です

f:id:tamikiti67:20180730230824p:plain

 

5月、6月は良く働いてお金を使わなかった反動もあって、今月はお金を使っていろいろ遊びに行きました。

 

 

  

 

 

 
 

 

 

 

そういった中でも娯楽費を¥14,350に抑えられたのは良かったです。

 

今月は嫁の生命保険の年払い、私のスマホの買い替え、扇風機購入(家電の項目)もあったので総支出は25万超えとなりました。

ディズニーランド提訴も 着ぐるみ「中の人」灼熱重労働の現実

headlines.yahoo.co.jp


夏の着ぐるみは過酷な労働ですね。

 

「着ぐるみの中は夏場だと50℃を超える暑さになります。ただでさえ重たい上に、給水用のボトルを肩に掛けるので、首や肩への負担も大きい。女性労働基準規則では成人女性は20㎏以上の重量物を取り扱う業務への従事は禁止されています。着ぐるみの場合、演技時間が15~30分程度が普通ですが、ディズニーは1回40~45分のショーやパレード、ゲストと触れ合うグリーティングを1日に何度も行い、間の休憩時間が15分程度と短いことも問題です」

 

夢の国の裏側は実は地獄だった。

 

まったく笑えない話です。

 

 

 

私も勤め先の市の観光協会の仕事で着ぐるみのキャラクターは身近な存在です。

 

ゆるキャラは細くて背の高いのよりも背が低くて丸みがある方がかわいいので、だいたい中に入るのは小柄な女性が多いです。

 

私の職場の同僚も小柄なのでたまに着ぐるみに入ります。

 

その大変さは良く聞きます。

 

15分が限界のようですね。

 

 

ディズニーランドは頻繁にチケット価格が値上げされていますが、こういったアクターの人たちの給料にも反映されればいいのですが。

 

そして根本的に着ぐるみを軽量化するとか、背中にファンを装備し体を冷却するようにするとか根本的な対策が必要でしょう。

 

夏場は昼間は着ぐるみ登場は止めてもいいかもしれませんね。

 

 

そもそもギャンブル依存症になるような貧乏人はカジノへは行かないと思います

 

headlines.yahoo.co.jp

 

カジノを中心としたIR関連法案が先日参院を通過しましたっけ?

 

ま、これでカジノ決定ですね。

 

個人的にはカジノに興味ありませんが、関空や成田の近くにドーンと建設すればいいのではないかと思っています。

 

記事にもあるようにそこらかしこにあるパチンコのほうがよほど問題なのに、何をいまさら野党がギャンブル依存症を持ち出して反対するのかわかりません。

 

カジノの入場料が6000円の時点でギャンブル依存症になるような貧乏人は行かないだろうと思います。

 

旅行でやってくる中国人富裕層などにどんどんカジノを利用してもらって、政府が3割お金を回収しどんどん国民サービスの形で富を再配分していけばいいと思います。

 

この件に関して野党はほんとうに的外れだなと思います。

 

カジノに反対するくらいならパチンコを取り締まってくれと思います。

 

昔の職場の同僚もパチンコ狂が多く、仕事のこと以外の話はあまりあいませんでした。