【体験】怖~い市販風邪薬の副作用

10日ほど風邪で苦しんできましたが、やっと体調も少し戻ってきました。

 

しかし今回はえらい目にあいました。市販風邪薬の副作用です。

 

 

夜間ひどい咳に苦しんで、翌朝、出勤前にドラッグストアに立ち寄りました。季節柄、特設の風邪薬コーナーができていて、そこの目の高さの目立つところに「眠れないつらいせきに!」というキャッチコピーがズバリの商品が山積みしてありました。まさしく私の求めていたものです。

 

思わず良く考えずに手に取った市販薬ですが、服用して2時間ほどで異変が出てきました。目ヤニがどんどん出てくるのです。ウェットティッシュで拭いても拭いても出てきます。トイレで顔を見ると目が真っ赤に充血しています。ある人からは死んだ魚の目と言われました。

 

でも薬が効いているのか咳は止まっています。とりあえず咳止め優先で昼食後も服用しました。これが良くなかったですね。目ヤニはひどくなり目が開けられないくらいになってきます。私の仕事はある意味接客業なのでこれは厳しい状態です。

 

なんとか家に帰り夕食後も服用しました。また夜中に激しい咳に襲われると大変と思ったからです。しかし目ヤニの症状が心配になるので薬の注意書きを見てみるとスティーブンス・ジョンソン症候群のことが書いてありました。

 


f:id:tamikiti67:20181202150945j:image


ネットで調べて見るとこの病気は薬の副作用、一種のアレルギー症状のようですが、目の充血、目ヤニの発生から口腔内のただれ、皮膚の発疹などが発生し最悪死に至ることもある恐ろしい病気です。クローズアップ現代の記事に出てくる患者さんも一命はとりとめたものの目は失明寸前で今も後遺症に苦しんでいるようです。

 

この日の夜は38.3℃まで熱が上がりました。目の充血、目やにの症状は二日ほど続きました。

 

途中で気がついたからよかったですが、せっかく高いお金を出してかった薬だからと妙なケチケチ精神で飲み続けていたらどうなっていたかわかりません。素人が薬を選ぶのは難しいですね。今後は医者に行くか、それなりの専門家がいるところで買おうと思います。

 

reibun.hateblo.jp

風邪をこじらせ気管支炎に

21日に風邪をひきましたが実はまだ治っていません。今も家で寝込んでいます。経過を見ていきます。

 

21日(水)

朝からのど痛く夕方に熱38.0℃出る。

この日は観光案内所の仕事。

 

22日(木)

朝、いちおう熱は下がったので観光案内所の仕事に行く。

でものどが痛く咳が出る。夕食後すぐ寝る。

 

23日(金)

この日ものどが痛く咳が出る。観光案内所の仕事に行く。

仕事自体はイスに座っているだけなので体力的負担はないが、それでもやはり疲れる。

夜に咳がひどくなり眠れないほどになる。

 

24日(土)

観光案内所の仕事に行く。朝、出勤途中にドラッグストアによって咳止めに効果のありそうな市販薬を買って飲むが、これが副作用発生。目が真っ赤に充血し仕事中も拭いても吹いても目ヤニがでてくる。夜には38.3の高熱がでる。咳は薬のせいで抑えられているようだ。

 

25日(日)

観光案内所の仕事に行く。目は多少マシになったがまだ充血。もちろん市販薬の服用は止めた。

 

26日(月)

仕事はなし。午前中に近所のかかりつけ医というほどではないが医者に行く。平成23年以来だったようで7年ぶりだったようだ。薬をもらうが、この医者はほとんど患者に説明とかしないので良くわからない。とにかく診察時間が短い。忙しいのはわかるがもう少し患者の話を聞いてほしい。市販薬の副作用の話もするが特に興味を示さず。

 

27日(火)

予定されていた観光案内所の仕事は休ませてもらう。薬を飲んで一日寝る。咳は相変わらずで熱も微熱~38℃の間で上下する。

 

28日(水)

日雇いバイトで物流センターで働く予定だったが二日前にキャンセルの電話を入れておいた。薬を飲んで一日寝る。咳は相変わらずで熱も微熱~38℃の間で上下する。

 

29日(木)

予定されていた観光案内所の仕事は休ませてもらう。薬を飲んで一日寝る。咳は相変わらずで熱も微熱~38℃の間で上下する。結局処方された薬を4日間のんだが症状は全く改善されなかった。

 

30日(金)

予定されていた観光案内所の仕事は休ませてもらう。午前中、前回とは別の初めて診てもらう医者に行く。結果として良かった。患者の話をよく聞いてくれる。胸部レントゲン、インフルエンザ検査、血液検査などもしてもらい、気管支炎であろうという診断の結果。しばらく抗生剤を飲んで安静にすることに。

 

 

ちょっと風邪をひいた前半無理をしたかもしれない。いつもなら一日、二日で治るところだったが、思ったようにはいかなかった。正社員時代は出勤しながら風邪を治していたが、もうそういう年齢でないのかもしれないですね。

 

 

風邪をひいてしまった

f:id:tamikiti67:20181122192201j:plain

 

ここ数年、毎年同じパターンで風邪をひいている。いつも風邪をひくのは11月の急に気温が下がる頃だ。

 

今年も同じように風邪をひいてしまった。3日前頃からなんか調子悪かったのだが、昨日の朝起きて見るとのどが痛かった。鼻水だけとかならいいのだが、のどが痛いのは危険信号だ。やはり毎度同じように夕方ごろから寒気がして急激に熱がでてくる。そういうときはおもいきり服を着こんで布団に入る。そして汗をかくぐらいまで寝る。落ち着いたら服を着替えてまた寝る。

 

そうすると翌朝には熱が下がっていることが多い。薬は基本的に飲まない。市販薬はあまり効果が感じられないからだ。飲む場合は医者を受診して薬をもらう。

 

今朝もいちおう熱が下がっていた。とりあえずバイトに出かける。でもまだのどが痛い。今日は早めに仕事を上がらしてもらい休養に勤めることにする。

 

風邪をひいたとき嫁さんがいるのは心強い。いろいろ気を使ってくれるので助かる。

 

 

 

 

外国人労働枠拡大のメリット

 

xxx.downshift.work

 

安倍政権および経団連が昨今の人手不足をうけて、外国人労働者の受け入れ拡大をすすめようとしていますがいいんじゃないでしょうか、別に。

 

ますます少子高齢化が加速する今の社会で、様々なサービスを維持しようとすると人手が足りないのは明らかです。実際日本人がやりたくないいわゆる3Kの仕事で人手不足は深刻です。代表的なのはトラック運転手、建設作業員、介護職員、飲食店従業員などですね。

 

私がたまにやってる日雇いバイトの軽作業だと、はっきりいって外国人どころか小学生でもできる仕事もたくさんあります。日本人は日本人相手の高度な仕事に就いてもらって、こういう裏方的な仕事を外国人の人にやってもらえればいいんじゃないでしょうか。今でも製造業は多くの外国人を雇っています。

 

私は趣味のオンライン英会話で何人ものフィリピンの人と話してきましたが、介護職希望のフィリピン人はたくさんいます。そういうフィリピン人は中東で看護師や家政婦の仕事に就いたりするのですが、仕事をするなら中東より日本のほうが近いし安心という人は多いです。基本的にフィリピン人は親日的です。ベトナム人やタイ人もそうですね。

 

外国人がくると治安が悪化するといっても、日本人でも悪い人は一定の割合で存在しますし、外国人だからどうのこうのということは無いと思います。やはり否定的なことを言っている人は外国人との接点がこれまで少なかった人が多いのではないでしょうか。ある意味エイリアンが攻めてくるくらいに思っているのかもしれません。

 

現在の外国人実習制度はかなりブラックですし、制度をちゃんと整えて受け入れれば日本社会にも好影響があるかもしれません。彼らはサービス残業もしませんし、オンオフの区別もはっきりしています。日本的な悪しき慣行が外国人労働者の増加によって変化する可能性もあります。ホワイトカラーの仕事にも、一定の割合で外国人が入ってくれば、会社教に洗脳された日本人のマインドセットを壊すような可能性も出てくるかもしれません。

 

 

xxx.downshift.work

 

 

xxx.downshift.work

 

 

 

 

午後7時閉店でも店長年収1000万円超え!愛知県「地元密着スーパー」がホワイトすぎる

 


私は小売業に長く勤めていましたが、こんなスーパーが愛知県にあったとは知りませんでした。

 

世の中には正月休みすらない深夜営業のスーパーが多いが、サンヨネは夜7時には閉まる。正月もちゃんと休む。「それぞれに家庭がある社員のことを考えれば、夜はできるだけ早く閉じたほうがいいのです。お客さまが私たちの商品を気に入っていただけるのであれば、お客さまのほうでご来店時間を考えていただけるはずです」

「給料はコストではなく、経営の目的だと思っています。減らすという考えはありまん」

サンヨネは商品を国内外から集めているが、働く人たちの多くは地域の住民である。客の親や子どもが働いているのだ。その家庭生活を軽視した経営ではファンを獲得できるはずがない。小売店では定番のポイントカードもサンヨネには存在しない。ファンがいるので不要なのだ。こうした常識破りのコストカットによって利益を確保し、その半分は社員に還元される。社員のコスト意識は自然と高まるだろう。

 

記事を読んでいると私が辞めたホームセンターとはまったく逆のことを行っています。当時、人件費はコストでしたから。いかに人件費を削るかが幹部、店長の腕の見せ所でしたので、社員の給与も上がりませんし売り場に十分な数のパートさん、バイトさんも配置されませんでした。おかげで顧客からはいついっても店員の姿が見えないと苦情を頂く始末です。見かけは利益が出ているように見えますが中長期的にはジリ貧です。

 

こちらのスーパーですがGoogle Mapの口コミを確認したところ買い物客からもかなり好評のようです。近いうちに一度自分の目で確かめてこようと思います。