観光案内所の仕事とは

 

今、メインで勤めている観光案内所ですが、市から委託を受けて民間会社が運営する施設になります。

 

こういう形をこの世界では指定管理というそうです。

 

私はこの民間会社に期限の定めのないパート職員という形で雇われています。

 

男性の所長がいて私がいて、女性職員(パート)の2人の4人で回しており、通常2人がいつも案内所にいる形になります。

 

 

案内所では道案内や観光案内のほか、パンフレット類の配布、レンタルサイクル貸し出し、荷物預かり、地元のお土産、市のゆるキャラのキャラクターグッズなどを販売したりします。

 

案内はもちろん無料ですし、レンタルサイクルも無料、また案内所内にはコーヒーやジュースが飲める無料のドリンクマシーンがあって、休憩コーナーもあります。

 

訪れた人からは「ありがとう」と感謝されることが多く、こちらもかなり気持ちよく仕事ができます。

 

 

 

お土産の販売もありますが売れても日に1~2万円くらいです。

 

あまりお客さんとお金を通じたやりとりをしないので精神的にはかなりラクですね。

 

 

朝9:30から夕方18:30までの勤務で昼休憩1時間、実働8時間で時給1000円ですので、1日8000円の給料になります。

 

月に15日から18日仕事に入っています。

 

ダウンシフト後の仕事はこれくらいがいいです。

 

 

しかもここのいいところは厚生年金も健康保険も雇用保険も全部加入できることですね。

 

こちらにお世話になって保険組合の組合員になったところで妻のがんが発覚し申し訳ないような気もします。

 

けっこタイミング的には助かりました。

 

 

 

 

また他人に自分の仕事を説明する時もいいですね。

 

「市の関係の仕事をしています」

 

と言います。突っ込まれたら

 

「はい、観光協会です」

 

と言います。なんか公務員ぽいですよね。

 

きかれない限り「パートです」とはいいません。

 

 

 

さて私の住んでいる街は別に観光資源がそんなにあるわけではないので、観光目的で案内所を訪れる人は少なめです。

 

周りの企業に勤めているサラリーマンや市民が立ち寄ることもあります。

 

 

しかし京都や東京などの観光案内所と違って、暇なときはすごい暇です。かといって目もまわるほど忙しいこともありません。総じて暇です。

 

 

仕事中はほとんど椅子に座っています。

 

事務作業も多少ありますが、半日もかかりません。

 

あまった時間はけっこうYahooニュースなんかを見て暇をつぶしていることも多いです。

 

あとは勉強と称して食べログやぐるナビで近隣の店の口コミを片っ端からよんで時間をつぶしたりしています。

 

この前の台風5号の時は一日17人しか来所しませんでした。

 

むちゃくちゃ暇でした。

 

 

ほんとはランサーズの仕事を内職で勤務中にやりたいくらいですが、さすがにそれはしません。

 

なるべく近隣のイベント情報に目を通したりするようにしています

 

 

 

 

また、たまに案内用に資料を新たに作成したり今あるものを改善したりすることもあります。

 

あとは案内所のフェイスブックとホームページがあるのでそちらの更新を行ったりもします。

 

 

仕事は総じてかなり楽です。

 

 

あとイベントのポスター類を作成することが良くあるのでフォトショップイラストレーターを使う必要があります。

 

この辺は女性職員の一人が強いのでお任せ状態ですが、自分も使えるようになりたいです。

 

 

 

案内所の仕事の行くときはワイシャツにスラックス、日雇いバイトの時は作業キャップにTシャツ、肩にタオル、ゆったりめのズボンというスタイルです。

 

このギャップが気分転換になり、けっこう自分では気に入ってます。

 

同じアパートの人からは「あの人、どういう仕事をしているのだろう?」と思われているかもしれません。

 

 

<