セミリタイアしたら公共施設を使い倒したほうがいい

私の勤めている観光案内所は運営に市がお金を出している公共施設です。


公共施設のひとつとしていろいろサービスを提供しています。


観光案内や市で行われる祭りなどのイベント案内、または市のホールで行われるコンサートや講演会のチケットの販売はもちろんですが、レンタサイクルのサービスも行っています。


驚いたことにすべて電動自転車です。


レンタル料は無料です。




さらに一人乗りの小型電動自動車も貸し出しています。



よくヤクルトのおばさんが乗っているようなやつですね。



こちらは一回3時間という制限はつきますが、無料のサービスです。



運転免許証があれば誰でも乗ることができます。





私も案内所で働きはじめてから地元の公共施設やイベントにより注目するようになりましたが、こういう情報はアンテナを張っていないと見逃すことも多いと思います。



公共サービスといえば、図書館くらいと思われるかたも多いと思いますが、探せば結構あるものです。




美術館などはレジャーとして時間をつぶすのにいいところです。無料の常設展や市民参加の絵画展、写真展など無料で楽しめる催し物も多いです。



以外と素人の下手くそな作品を見るのは面白いものがあります。



市民ホールはコンサートや講演会、地元の音楽グループの発表会など無料の催し物も多いです。



何かを生で観る・聴くというのはけっこういろいろインスピレーションを感じるものです。





また働いている間はあまり目を向けてこなかった地元の祭なんかに出かけてみるのもいいかもしれません。



祭りのスケジュールなどは市から配布される市民だよりをチェックしておけば情報を得ることができます。





スポーツ好きなら地元の競技場や体育館で週末ともなればいろいろな競技会が開かれていると思います。



さすがに子供の大会は見てもおもしろくないかもしれませんが、高校・大学レベルになるとかなり見応えがあると思います。



高校野球の予選などはなかなかの賑わいを見せています。





またわざわざスポーツクラブの会員にならなくても、ジムやプールを備えている体育館も多いですね。



私の住んでいる市立体育館のジムは一回の利用が400円です。



どうせ月に何回行くのかわからないので民間のスポーツジムのように1万円近い月会費を払わなくていいのが良いところです。



プールももちろん市立プールですね。




私の市では市立の遊園地もあります。すべての乗り物が1回50円で乗れるので、土日ともなれば市外からも多くの家族づれがやってきます。





あと私がたまに利用するのは市役所内にある食堂です。



主に市の職員が利用するのですが市民が利用してもかまいません。



ワンコイン以下で定食を食べることができます。






また公共施設ではないですが公共バスもあります。



コミュニティバスというのでしょうか、独自のバス路線を持っている市町村も多いと思います。



私の住んでいる市ではだれでも市民以外でも無料で乗ることができます。



公共バスを利用して散歩に出かければ思いのほか遠くまで行くことができちょっとした旅行気分を味わうことができます。




せっかく税金を払っているのでこういったサービスは徹底的に利用したほうがいいですね。


またサービス提供側もおおよその利用者数をカウントしているので利用した方が喜ばれるものです。


なぜならあまりサービス利用者数が少ないと、その事業の存続にかかわってくるからです。


こういう情報はたぶん市議会等に報告されるのだと思います。