NHKの受信料は税金でいいと思う

 

最高裁の判決でNHKの受信料制度は合憲と判断されました。

 

まあ予想通りの結果ですね。

 

 

 

でもNHKって放送の政治的中立性を確保するためにといって受信料制度をとっているといいますが、はっきりいて政治の影響を完全に排除することはできるのでしょうか。

 

今でもNHKの予算決定には国会の承認が必要ですし、会長の選任は国会で議論される事項になります。

 

 

 

 

NHKは例えば国会中継やニュース・災害報道、その他お金にはならないけれど良質な教育番組を作ると言った点では不可欠な存在です。

 

そういうこともあって私はNHK受信料をずっと払い続けていますが、払わない人がいるという不公平感は常に感じます。

 

見ないから払わないと言っても、例えば大災害の時の情報だとかNHKを見た人から間接的に情報を聞いたりしてNHKの放送の恩恵は受けていると思います。

 

またネットニュースで紅白歌合戦の結果を見るかもしれません。

 

楽しんで見ているスポーツの試合には放送を見ずともNHKからの協賛のお金が流れているかもしれません。

 

 

 

だったら税金にして国民全員払えばいいんじゃないかと思います。

 

その方が受信料を払わない人に払わせる無駄な労力も必要ないですし、もめ事も少なくなるのではないかと思います。

 

NHKの経営の効率化になり受信料も下げることができるのではないかと思います。

 

 

税金になればこれまで払ってこなかった一部のごねる人は不満に持つかもしれませんが、大多数のまじめに払っている人は納得しやすいのではないでしょうか。

 

私の場合、受信料を払うことより、払っていない人がいるというのが大きな不満要因です。

 

 

NHKの運営がたとえ税金で行われたとしても、一定のルールを定めれば報道の中立性も担保できるのではないかと思います。

 

 

 

tamikiti67.hatenablog.com