フードコートで目撃した貧困!

 

先日、嫁とスーパーマーケットに行きました。

 

もう夜だったので家で作って食べるのも面倒ということで、スーパーの400円くらいの弁当をそれぞれ買ってフードコートに持ち込んで食べることにしました。

 

以前なら外食も多かったのですが、正社員を辞めてからは節約のためスーパーの弁当という選択肢も多くなっています。

 

 

フードコートのテーブルを確保し私たちは弁当を広げて食べ始めました。

 

そのときあることに気づきました。

 

私たちのテーブルの近くに一人の男性が座ってなにやら食べていました。

 

60歳くらいの男性です。

 

無精ひげに白髪が混じっています。

 

よく見ると彼の食べていたものは袋入りの焼きそばの麺でした。

 

焼そば麺1kg

焼そば麺1kg

 

もちろん調理前のものです。

 

袋を手にしむしゃむしゃと食べています。

 

何もつけずにです。

 

そのスーパーでは焼きそば麺は1パック30円ほどで売っていますので、食事としては最安だと思うのですが、でも調理していないものを食べるのはどうかと・・・

 

こうなると本当に生きるのに必要なカロリーをとっているだけのようです。

 

彼がいつもそんな食事ばかりしているのかどうかはわかりませんが、いつもではないことを願うばかりです。

 

 

食費を削りすぎるくらいなら私ならなんとかして働きます。

 

食事の質を落としすぎると生活、さらには人生そのものの質も落ちそうな気がします。

 

 

tamikiti67.hatenablog.com