いま何かと話題の大相撲巡業を見てきました


f:id:tamikiti67:20180407193445j:image

 

4月1日より大相撲の春巡業が始まり私たちの地方にもやってきました。

 

チケットはすべて完売しています。

 

体育館に3000~4000人は入っているのでしょうか。
f:id:tamikiti67:20180407193518j:image

 

升席を購入した人がもらえる記念座布団です。


f:id:tamikiti67:20180407193539j:image

 

力士たちです。
f:id:tamikiti67:20180407193556j:image

 

幕内力士たちの土俵入りです。
f:id:tamikiti67:20180407193615j:image

 

巡業は私と嫁、嫁の両親の4人で見に行きました。

 

イス席S¥9000×4枚、お弁当横綱セット¥5500×1、お弁当大関セット×¥3500×1の合計¥45,000です。

 

親孝行と思って奮発しましたが、けっこうな出費です。(あとで義理の両親の分のお金はくれたのでもらってしまいましたが・・)

 

 

巡業は初めて見ましたがやはり本場所の方が数段おもしろいですね。

 

やはり巡業は興行の要素が強く、真剣勝負ではないです。

 

お客もそれは感じているので場内どことなく盛り上がりに欠けるし、仕切りをしている力士たちの気合や顔つきも違います。

 

あくまでケガをしない程度に接戦となる盛り上がる取り組みをすればいいや・・と考えているのでしょうか。

 

それはいたしかたありませんが。

 

そういったことも踏まえて巡業ではちびっこと力士とのわんぱく相撲、相撲甚句や、相撲太鼓、初切などの出し物が組み込まれていますが、それでもチケット代と見合わないような気がします。

 

最安のイス席Bという2階席(¥4000)で十分だったかなと思いました。

 

やはり真剣勝負に勝るプログラムはないですね。

 

 

東海地方だと本場所は名古屋の愛知県体育館になります。

 

一度そこの2階の椅子席で見たことがありますが、力士との距離は遠く豆粒にしか見えないのですが、会場の盛り上がりがテレビで見るのとは全く違ってちょっと感動したものです。

 

巡業はやはりなかなか遠方で普段相撲を見れない地域の人にはいいでしょうが、そうでなければやっぱり本場所を選ぶべきだと思いました。

 

余談になりますが弓取式が終わって帰るとき、義母がツツーツーと土俵に近づき土俵の土の感触を確かめたかったのか、触ろうとしてスタッフに注意されてビックリしました。    

 

義母もなかなかの怖いもの知らずです。  

 

いま何かと話題になっていることを知らなかったのでしょうか?