「体が動くうちはずっと現役で働く」は人生で正解なのか?

 

私は体は動くうちはずっと働く派です。

 

もちろん65歳になっても75歳になっても週5日8時間働くつもりはありませんが、嫁以外に特別友人がいるわけでもないので、仕事で外に出て誰かとしゃべらないと社会との接点がなくなりそうで怖いです。

 

お金よりそっちの方が怖さはありますかね。

 

それにまるまる時間が自由に使えてもたぶんそんなにやることが無いでしょうしね。

 

私は今フリーター生活で同年代の社畜サラリーマンよりかなり強度(収入も)を抑えた働き方を選択しているので、そのぶん長く働くことはやむを得ないかなと思っています。

 

60歳まで命を削るように働いて大金を得てあとは悠々自適の生活を選ぶ人もいるでしょうが、私みたいな細く長く働くタイプの人間もいるわけです。