友達ゼロ人!「妻依存オジサン」の厳しい余生

友達ゼロ人!「妻依存オジサン」の厳しい余生(東洋経済オンライン)

headlines.yahoo.co.jp

 

 6月6日放送のNHKの「ためしてガッテン」でも、孤独が炎症を促進し、健康を害することや、「つながり」が健康寿命の最強の条件であり、寝たきり予防に最も効果があることが紹介され、話題を呼んだ。昨今、過度に「孤独」が美化されているきらいがあるが、科学的にみれば「孤独」はリスク要因でしかない。

日本では、中高年男性の孤独度が際立って高いのが特徴的だ。一人暮らしの高齢者のデータを見ると、困ったときに頼る人がいないと答えた人の割合は女性が8.5%に対し、男性は20.0%に上る。

また、会話が2週間に1回以下という人の数は、女性の場合は3.9%に対し、男性の場合、その4倍近い16.7%という水準だった。

 

 

 

2週間ほど前にインターネットでみかけた記事です。

 

友達ゼロ人!「妻依存オジサン」

 

はい、私のことです。

 

 

私の場合、連絡を取り合うような友達はいません。

 

でもあまり気にしていません。

 

いたらいたで面倒くさいですし、嫁と旅行したり買い物に出かけたりでそれなりに楽しいです。

 

強いてあげれば私はもともと山登りやサイクリングが好きなのでそういう趣味の友達が身近にいればいいなと思ったりしますが、そこまで絶対欲しいと思ったりしていません。

 

また英会話が趣味なので勉強仲間がいてもいいのですが、どちらが上手くしゃべれるか比較しそうで変な競争意識からなんだか疲れてしまいそうです。

 

 

 

友達はいませんが、バイト先で世間話くらいする相手はいるのでそれで十分かなと思います。

 

年寄りになってからのことはその時に考えると思います。

 

シルバー人材センターに登録したり、適当に地域の趣味のサークルにでも入ればいいかと思っています。