日雇いバイトで軽い熱中症になる

 

東海地方も梅雨明けして本格的な暑さがやってきました。

 

天気予報によると予想最高気温は35度、今まで雨続きで涼しかったのでこの暑さはこたえます。

 

 

昨日は日雇いバイトでした。

 

焼けつくような炎天下のなか自転車で45分かけてバイト先へ行きました。

 

着いた時には汗びっしょりです。

 

水をちょっと飲んでから仕事開始です。

 

 

仕事は段ボール箱の組み立てでしたが、中腰の姿勢が多くけっこう腰にきます。

 

自転車通勤ですっかり体温が上がりきっているので、仕事場は空調はきいているものの動いていると絶え間なくじわりと汗が出ます。

 

 

 

 午後からは少し頭が痛くなってきました。

 

腰も痛いと言うよりは重い感じで、ずっと脂汗みたいなのが出てきます。

 

午後3時の休憩後はさらに頭痛と腰痛がひどくなってきました。

 

おまけに昼の弁当のご飯が少なかったのか、3時以降はエネルギー切れになってきました。

 

力が出ませんし、立っているのもしんどいです。

 

どうも軽い熱中症のようですね。

 

以前にも経験ありますが夏の暑さのひどい時に労働して頭が痛いのは熱中症の初期症状の可能性が高いと思います。

 

途中ウォーターサーバーで水分補給し、なんとか6時までやり過ごしました。

 

 

 

帰りも自転車ですがコンビニでスポーツドリンクと塩分補給の代わりにたまごハムサンドイッチを買って食べてからゆっくりと家に帰りました。

 

家に帰って夕食を食べた後はクーラーをつけた部屋で横になって休みました。

 

毎年クーラーは電気代節約のために年に10日使うか使わないかくらいですが、さすがに昨日は使うことにしました。

 

とりあえず体を冷やしたほうがいいかと思いました。

 

 

今月はもう日雇いバイトの予定はないですが、来月はそれなりに入れようと思いますのでそれまでには暑さに体を慣らしておこうと思います。

 

 

ホームセンターの店員時代は熱い外での屋外作業も良くあったのですが、観光案内所に勤め始めてからは冷房の効いた室内に一日中いるので、暑さへの耐性がだいぶ無くなったのだと思います。