新幹線の座席を倒していいか聞く客にネットは賛否両論、私の考え

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 新幹線に乗っていると思われる際に、堀江氏は14日、「前の席のクソ野郎がおれが寛いでいるのにもかかわらず一々『席を倒していいですか?』とか聞いてきやがる。ウゼェ。勝手に倒せや。そうやって何でもかんでも保険かけようとすんなボケ」とツイート。声かけをしても結局倒す意思の客に、嫌悪感を示した。

 しかしこれを受け、ネット上は賛否が渦巻く事態に。堀江氏の意見に賛成派の人は「勝手に倒せ!でいいよな 」「席は倒れるようになってるから許可いらないんだよなぁ」「確かに前の席のおっさんにシート倒しについて声かけられると勝手にしろやと思う」など、堀江氏の気持ちが分かる様子。

 一方、反対派の人からは「新幹線の車内って公共空間でしょ、他の乗客と関係性を持ちたくないなら、そもそも公共空間に入らなければいい」「伺いたてるってことはいいことじゃんか。そもそも日本人らしい一種のモラルでしょ」などの声が挙がり、声かけは日本人の “暗黙のマナー”だと指摘する声が多かった。

 

私は堀江氏の言い方は問題はあると思いますが、気持ちはよくわかります。

 

そもそも私は昼行の高速バスや新幹線で席を倒しません。(夜行は別、寝るので)

 

自分がされて嫌なことは他人にはしたくないからです。

 

そもそも声をかけるという人は「一声かければ倒して当然OK」と思っているフシがあるのではないかと思います。

 

 

 

以前、座席間隔がかなり狭い格安飛行機に乗っていた時、前の乗客から「倒していいですか?」と聞かれて、「嫌です」と私は言ったことがあります。

 

お互い狭いんだから一時間~2時間は我慢しろよと。

 

座席を倒す行為については倒す本人は利益を得て(快適な空間)、倒される方は不利益を被る一方的な関係があります。

 

倒されるとかなり圧迫感がありますからね。

 

それを「倒していいですか」という一声で押し付けようとするのは理解に苦しみます。

 

 

各種公共交通機関は倒すのは後ろに乗客がいないときだけという暗黙のルールを作って啓発していったほうがいいと思います。

 

どうしても座席をリクライニングしたかったら飛行機ならファーストクラスやビジネスクラス、新幹線ならグリーン車に乗ればいいのです。

 

それなら座席を倒す権利はあるでしょう。