女の子がもれなくついてくる夜のお店は苦手だ

 

この日は大学時代の仲間と会う予定が急遽発生し長野は松本市へ。

 

普通列車を乗り継いで行きます。


f:id:tamikiti67:20180902204139j:image

 

松本は天気が悪く気温も20℃しかなく肌寒い一日でした。

 


f:id:tamikiti67:20180902204209j:image

 

最近はまっている楽天チェックのアプリのポイント集めをしながら松本市内を散策します。

 

カジュアル衣料のライトオンと駅近のパルコに入っている好日山荘でそれぞれポイントをゲットしました。

 

 

https://check.rakuten.co.jp/

 

 

松本のタウンスニーカーと呼ばれる市内循環バス。

f:id:tamikiti67:20180902204004j:image

 

水玉模様は松本が生んだ偉大な芸術家、草間彌生の代表的なモチーフです。


f:id:tamikiti67:20180902204029j:image

 

一人で草間彌生の常設展示コーナーがある松本市美術館に行ってきました。

 

常設展410円でまあまあお手頃価格です。


f:id:tamikiti67:20180902204237j:image

 

 

 

夜は浅間温泉の旅館で仲間と合流、5人で松本駅近くの繁華街へ繰り出しました。

 

女の子が付いてくれる店を訪れるのは二年半ぶりです。

 

スナキャバ(スナック+キャバクラ)と言うらしいです。


f:id:tamikiti67:20180902204326j:image

 

1人会社経営のかなりのお金持ち(年収3000万くらいらしい)がいて飲み代全員分奢ってくれました。

 

自腹ではコストパフォーマンスが悪い女の子がいる店にはとてもいけません。

 

それに私はしゃべりが下手というコンプレックスがあるのでどうも落ち着かないですね。

 

さらにフリーターという今の身分もこういう場所に来るとコンプレックスになります。

 

客として行くのだからそこまで気を使う必要はないのてしょうが。

 

nikkan-spa.jp