作業着のワークマンが「ポスト・ユニクロ」に名乗り 冬着はワークマンで買おうと思います

 


作業着のワークマンが一躍脚光を浴びている。長年培ってきた商品開発力を生かし、カジュアルウエアの新業態「ワークマンプラス(WORKMAN PLUS)」をららぽーと立川立飛(東京・立川)に9月5日オープンする。アウトドアブランドやスポーツブランドのような高機能ウエアを、ユニクロよりも低価格で提供する戦略が注目の的だ。同社の強みはFC(フランチャイズ)を中心に全国に825店舗(2018年3月期のチェーン全店売上高797億円)を運営するスケールメリット。陣頭指揮を執るワークマンの土屋哲雄・常務を直撃した。

 

いいですね、ワークマン。

 

ワークマンはホームセンター界の雄カインズと食品スーパーベイシアと同じベイシアグループですね。

 

群馬の高崎あたりが本拠地だったと思います。

 

 

 

ワークマンにはもっと頑張ってほしいものです。

 

ユニクロの商品が品質いいのは認めますが、なにせ柳井氏の資産が2兆円ですからね。

 

ユニクロの商品購入して柳井氏の個人資産の増加に手を貸すのは嫌です。 

 

私もユニクロ商品はいくつか持っていますが、最近は買わないようにしています。

 

 

 

何でも1強は良くないですね。

 

とりあえずユニクロにしとけば大丈夫、ユニクロで全然OKという、ユニクロコモディティ化が、ユニクロ柳井氏の思うつぼで彼を天狗にさせてます。

 

しまむらは一時期頑張っていましたが、メンズはどうも田舎のヤンキー中学生御用達みたいなものも多いしイマイチですね。

 

ワークマンはけっこう作業着もノースフエイスかパタゴニアかと一瞬見間違うようなアウトドアテイストのものも出てきてけっこうカッコいいです。

 

私は日雇いバイト用の軍手やキャップを買いに行くことがあるのですが、今度はアウターも買ってみます。

 

いつもいいなとは思いつつまだ着れる服があるので買いませんでしたが、今度買ってみようと思います。

 

 

xxx.downshift.work