昨日の日雇いバイト 40フィートコンテナやっつけてきた

 

昨日は日雇いバイトでいつもの物流倉庫で仕事でした。ふだんはそれほどきつい仕事ではないのですが、昨日は違いました。40フィートコンテナの荷下ろしです。

 

40フィートというと12mです。コンテナは20フィートと40フィートがありますが、世界的にみれば40フィートが主流でしょうね。むちゃくちゃ積み荷が入ります。

 

私たちがおろすことになったコンテナもそこそこの大きさの段ボール箱が600箱、手前から奥まで、床から天井までぎっしり入ってました。

 

箱の中身はこの物流会社の冬用の制服で、男子用、女子用の長袖のポロシャツなどです。1箱にポロシャツ40枚、600箱ですから24,000着です。トンデモナイ数ですね。これが私たちの働いているセンターで仕分けされ全国の営業所へ送られていきます。

 

作業は私ともう一人、二人がコンテナの中に入り箱をどんどんおろしていきます。コンテナの外にはそれをパレットにのせていく人が2~3人ほどいます。あとはリフトマンが一人いてできあがったパレットをどんどん運んでいきます。

 

私たちは頑張って箱をおろしていきますが、長袖ポロシャツ40枚はけっこうな重さです。20㎏弱くらいありそうで腕や背中にズシリときます。窓のないコンテナ内での重労働ですので汗が滝のようにながれます。真夏でなくてまだよかったですね。真夏だとコンテナ内は凄い温度になりそうです。

 

長さ12mのコンテナですから荷物を降ろしてもおろしてもなかなか終点が見えません。なんかトンネルを掘っているようです。途中で内部にローラーコンベアを入れたりしてなるべく荷物を外に出しやすくしました。それでもコンテナをやっつけるのに1時間10分ほどかかりました。

 

終わったらみんなヘトヘトです。全員汗だくですね。私はまさかこんな仕事をすると思って着替えも持ってきていませんでした。最悪です。15分ほど休憩をもらったあと、通常業務に戻りましたが、疲れたこと以上にクサいTシャツでそのあと家に帰るまで一日過ごすのがイヤだったですね。

 

追記

思いのほか重労働に耐えられて自分でもびっくりしています。これもこの一カ月、毎日継続している朝晩のストレッチのせいですかね。普段なら腰や背中が鉛のようになってくるのですが、そこまで筋肉の張りはありません。体に柔軟性がそなわった証拠かもしれません。