生活保護の独身女性42歳、食費は週500円!の食パン生活術


nikkan-spa.jp

 

生活保護を受けている42歳女性の話だそうです。

 

「主食は食パンです。20時以降にスーパーに行けば、消費期限が迫った10枚切りの食パンが100円以下で買えるので、それを1食につき2枚食べています。飽きないかですって? 1枚にはマヨネーズ、もう1枚にはピーナツバターを塗ると全然飽きずに食べ続けられるんですよね~」

 

こんな食生活じゃそのうち体壊すことは間違いないでしょう。

 

「今のところ体調はバッチリですね。肉や魚を食べたいという気持ちはなくなりました。今はいかに食費を抑えるかが楽しいですね。まぁ、ガスが止められているのでそもそも加熱調理はできないんですけどね(笑)」

 

だめだ、こりゃ。彼女の1カ月の生活費の内訳です。

 

【1か月の家計簿】
家賃 4万2000円
水道光熱費(※生活保護のため水道代0円)4000円
食費 2500円
通信費 1万1500円
飼い猫の治療費 約3万円
日用品その他 2万5000円

 

価値観は人によって違うのはわかりますが、飼い猫の治療費30,000円?、日用品その他毎月25,000円?、通信費11,500? 謎の生活です。なんか記事を最後まで読んで損しました。食費を削って喜んでいるただの勘違いおばさんですかね。これで病気になっても医療費はすべて税金からまかなわれるんですね。うーん。

 

日刊SPAの作り話かも?

 

 

xxx.downshift.work