高齢者バイトの落とし穴 楽しさ求めて遺跡発掘参加も悲惨な結果に

先日、こんな記事を見つけました。

 

高齢者バイトの落とし穴 楽しさ求めて遺跡発掘参加も悲惨な結果に | マネーポストWEB

遺跡発掘と聞くと宝さがしみたいでとても楽しそうです。また歴史好きにはたまらない仕事だと思います。でもバイトで行くとなるとそれ相応の覚悟が求められると思います。

 

 8月に静岡市駿府城の発掘現場をたまたま見る機会がありました。
f:id:tamikiti67:20181005080125j:image

 

まだ最高気温が34℃くらいある暑い日でしたが、現場はこんな感じです。
f:id:tamikiti67:20181005080151j:image

 

陽射しを遮るものは何もありません。こんなところで割と高齢のおじさん、おばさんが働いていましたが過酷すぎます。こういった人たちは炎天下しゃがみこんで移植ゴテのようなものを使って、表面の土を少しづつさらって瓦の破片や木簡などを探しています。こんな環境では熱射病の可能性は非常に高いですね。冬はその逆でとてつもなく冷えるでしょう。私はやったことないですが遺跡発掘といえばほぼ建設現場のようなものです。生半可な気持ちだと続かないと思います。