外国人労働枠拡大のメリット

 

xxx.downshift.work

 

安倍政権および経団連が昨今の人手不足をうけて、外国人労働者の受け入れ拡大をすすめようとしていますがいいんじゃないでしょうか、別に。

 

ますます少子高齢化が加速する今の社会で、様々なサービスを維持しようとすると人手が足りないのは明らかです。実際日本人がやりたくないいわゆる3Kの仕事で人手不足は深刻です。代表的なのはトラック運転手、建設作業員、介護職員、飲食店従業員などですね。

 

私がたまにやってる日雇いバイトの軽作業だと、はっきりいって外国人どころか小学生でもできる仕事もたくさんあります。日本人は日本人相手の高度な仕事に就いてもらって、こういう裏方的な仕事を外国人の人にやってもらえればいいんじゃないでしょうか。今でも製造業は多くの外国人を雇っています。

 

私は趣味のオンライン英会話で何人ものフィリピンの人と話してきましたが、介護職希望のフィリピン人はたくさんいます。そういうフィリピン人は中東で看護師や家政婦の仕事に就いたりするのですが、仕事をするなら中東より日本のほうが近いし安心という人は多いです。基本的にフィリピン人は親日的です。ベトナム人やタイ人もそうですね。

 

外国人がくると治安が悪化するといっても、日本人でも悪い人は一定の割合で存在しますし、外国人だからどうのこうのということは無いと思います。やはり否定的なことを言っている人は外国人との接点がこれまで少なかった人が多いのではないでしょうか。ある意味エイリアンが攻めてくるくらいに思っているのかもしれません。

 

現在の外国人実習制度はかなりブラックですし、制度をちゃんと整えて受け入れれば日本社会にも好影響があるかもしれません。彼らはサービス残業もしませんし、オンオフの区別もはっきりしています。日本的な悪しき慣行が外国人労働者の増加によって変化する可能性もあります。ホワイトカラーの仕事にも、一定の割合で外国人が入ってくれば、会社教に洗脳された日本人のマインドセットを壊すような可能性も出てくるかもしれません。

 

 

xxx.downshift.work

 

 

xxx.downshift.work