カインズホームで雑草ブロックシートと除草剤カソロン粒剤購入

今日は車でカインズホームに行き、大阪の実家の庭の雑草対策のためのグッズをいろいろ購入してきました。実家の庭は60坪ほどあるのですが、そのうち庭木の生えてない部分が45坪ほどあります。夏になるとそこが雑草生え放題で、最近はセイタカアワダチソウなんかも生えてきて見苦しい状況です。蚊の発生も多く近所迷惑になっています。

 

母親はこの夏、7月ごろですがシルバー人材センターに草刈りを依頼しました。なんと費用は5万円だったそうです。5万円なら喜んで私が草刈りに行くのですが、草刈りしたところで、また2カ月もすれば生えてきてしまいます。実際9月に行ったときには雑草が再び青々と伸び始めていました。

 

 

そこで今回は徹底的に対策しようと、粒剤タイプの除草剤とカインズオリジナル雑草ブロックシートを購入しました。

 

www.cainz.com

 

除草剤はアグロカネショウ株式会社のカソロン粒剤2.5%3㎏という商品を3袋買いました。一袋税込1,280円でした。正月に実家に帰るのでその時に散布するつもりです。それにしてもこのカソロン粒剤は安いです。以前は同じ粒剤タイプのレインボー薬品のネコソギエース3㎏を使っていましたが、それと比べると3分の1ほどの価格です。

 

そして2月に5日間ほど実家に泊まり込んで、枯れて残っている雑草をすべて刈り取り、なるべく庭を平らに整地し、雑草ブロックシートの施工を行おうと考えています。一般の防草シートは1~2年の寿命らしいですが、カインズオリジナル雑草ブロックシートは4年~5年の耐久性があるそうです。この雑草ブロックシート1m幅×50m巻きを2巻き購入しました。1巻き税込9,800円ですが2巻きまとめ売り値引きで2本で17,600円でした。

 

またシート施工に必要なシート留めのペグや押さえ、ハサミ、ハンマーなども購入し、トータルで27,900円でした。この費用は親に出してもらうことになっていますが私の労働代はタダです。

 

 

雑草対策は1月~3月に行うのがベストです。雑草の種子が発芽するのが3月後半くらいですから、その前に粒剤タイプの除草剤を散布しておいて、春の雨で成分が徐々に溶け出し、土中に除草剤の成分がいきわたります。そうすると雑草は発芽しにくくなります。

 

その後シートで地表を覆えば理論上は雑草は生えてこないはずです。シートが5年持つとすれば草刈り費用が5万円×5年で25万円分節約できるはずです。

 

また後日、施工の模様やどのくらい雑草の発生を防ぐことができたかレポートしようと思います。