3000万円の老後格差…! 幸福な夫婦が「共働き正社員」を選ぶワケを読んで

先日こんな記事がネットにありました。

 

 

 

一部引用いたします。

パートやアルバイトで共働きをしていても、厚生年金はつきませんし、退職金ももらえません(正社員なみに働いている場合、厚生年金に加入するよう見直しが進んでいるがまだ完全ではない。また退職金は正社員にのみ適用されるのが一般的)。

 そもそも年収100万円以内で社会保険料や税金がかからないといっても正社員になって240~300万円を稼げるようになれば、手取りは絶対に正社員のほうが上回ります。「年収140万円の正社員は100万円のパートより手取りが減るかも」のようなおかしな比較にだまされず正社員を意識することが大切なのです。

 そうすると、ミライの勝ち組となるためには2つの人生の分岐点をしっかりくぐり抜けることが大切です。

 

ミライの勝ち組という言葉がイヤらしいですね。ちなみにうちの家は夫婦そろってバイトですのでこの記事の逆をいってます。(いちおうバイトですが私は厚生年金加入)

 

記事によると夫婦そろって正社員だと、そうでない家庭に対し3000万円ほどの経済的利益があるそうです。W厚生年金とW退職金の効果によるものです。

 

そもそもお金だけが幸せの基準ではないと思います。今の時代60歳まで正社員で働き続けるリスクも相当あると思います。老後にお金を残しても途中で死んでしまう可能性もありますし、ストレスためこんで60歳まで正社員で働いても体を壊すか、鬱になって廃人のようになってしまうこともあるのではないでしょうか。

 

私の場合は会社員時代、仕事で日常的にクレーマーと接する機会が多く、下手すると怒りでこちらが手を出してしまいそうでした。よってため込んだストレスが爆発する前に会社を辞めました。その選択は良かったと思います。そうでなかったら怒りで頭の血管が切れて倒れたか、「ブちぎれた店員が客を殴る!」とニュースになっていたかもしれません。

 

また記事のように二人とも正社員で働いたら、一般に家事を行う女性の方が相当大変かと思われます。頑張って上手くやっている家庭も多いと思いますが、頑張りすぎて円満な夫婦生活にヒビが入っている家庭も多いかと思います。結果、熟年離婚なんかすればなんのために頑張って働いてきたのかわかりません。

 

幸せの形なんて人それぞれです。老後のために今の生活を犠牲にするアリとキリギリスの話のアリのような生活をするより、私はストレスの少ないキリギリスの生活を選んでいます。

 

こういうステレオタイプな記事は嫌ですね。人生100年時代といって煽っている記事にロクなものはありません。お金は手段であって目的ではないです。まあ無いよりあったほうがいいのは確かですが、幸せというゴールに到達するにはいろいろな手段があると思います。