今でも必死に働いている夢を見る 会社員時代のトラウマか?

ホームセンター時代、正社員だったにも関わらず、けっこう頻繁にレジに応援で入ることがありました。レジパートさんが急病で休んでしまったり、昼休みを回すときにパートさんの代わりに入る、または繁忙期でレジに多数のお客が並んで全台オープンさせたりする時です。正直言ってレジうちは嫌いでした。

 

15年ほどホームセンター業界で働いていたので、会社を辞めて約3年たった今でも当時の夢を見ることがあります。そういう時はだいたい夢の中でレジうちしているんですね。

 

しかも夢の中でトラブル続出です。バーコードのシールがはがれていてスキャンできなかったり、POPとPOS登録の値段が異なっていてお客に指摘されたり、ポイント値引きを忘れたり、夢の中であせっています。するとレジに並んでいる性質の悪い後ろの客が「はよせんか!オバさんに代わってもらえ!!」とヤジをとばしてきます。

 

「うるせー!ヤバいヤバい!!」と思っているうちに朝になって目が覚めたということがたまにあります。最悪な目覚めです。どうせ夢を見るならかわいい女の子に言い寄られている夢とか1000万円拾ったとかいった夢を見るといいのですが、そういう夢を見ることはまず無いです。

 

無意識ですがいまだに過去をひきずっているのでしょうか。嫌ですね。