フライトオブドリームスに行ってきました

 

フライトオブドリームスは中部国際空港の一角に昨年10月にオープンした新しい商業施設です。


f:id:tamikiti67:20190107214935j:image

 

そとから見るとこんな格納庫のような感じです。

 

f:id:tamikiti67:20190107215008j:image

 

目玉はボーイング787ドリームライナーの実機展示です。


f:id:tamikiti67:20190107215029j:image

 

エンジンはロールスロイス社製です。

 

f:id:tamikiti67:20190107215049j:image

 

羽の形状がユニークですね。787の部品の35パーセントは東海地区を中心とした日本企業製です。主翼も愛知で組み立てられ、ドリームリフターと呼ばれる貨物航空機で中部国際空港からボーイングの工場があるアメリカのシアトルへ空輸されます。


f:id:tamikiti67:20190107215113j:image

 

飛行機内部の見学やフライトシミュレータなどの体験は別料金です。

 

今日は平日、正月休みも終わってシアトルテラスと呼ばれるシアトルの町をイメージしたフードコートも閑散としていました。


f:id:tamikiti67:20190107215229j:image

 

午後3時くらいですが人がいません。経営的に大丈夫かなと、こちらがちょっと心配になるレベルです。


f:id:tamikiti67:20190107215253j:image

 

空港の敷地内にはありますが、賑わうメインのターミナルビルから動く歩道はあるものの徒歩しか訪れる手段がないというのがネックです。しかも10分ほどかかる距離です。

 

飛行機の利用者が待ち時間を利用して訪れるのはビミョーです。

 

将来的には現在建設中のLCC用ターミナルと連結されるようですが、それまでは集客に苦戦しそうです。

 


f:id:tamikiti67:20190107223620j:image

 

愛知県民は新しいモノ好きですが飽きるのも早いですので、いろいろ工夫してリピーターを捕まえないと苦しいと思います。

 

個人的には入場料金が必要でないスペースにも、飛行機やアメリカのシアトルについて学べる仕掛けがもっとあればいいのではないかと思います。

 

ただシアトル風の飲食店を並べただけではイマイチですね。しかもどの店も価格が強気です。


f:id:tamikiti67:20190107222742j:image

 

 

こちらはメインのターミナルビルの展望デッキのイルミネーション風景です。


f:id:tamikiti67:20190107215358j:image