名古屋市中村区を散歩 豊国神社と旧中村遊郭

献血の後、名古屋駅の西側、中村区を散歩してきました。私にとってはあまりなじみのない地域です。今回の目的地は、豊臣秀吉生誕の地に建てられた秀吉をまつる豊国神社です。神社一帯は中村公園と呼ばれ区民の憩いの場になっています。

 


こちらが地下鉄東山線中村公園駅前にある大鳥居。豊国神社の参道の入り口にあります。まわりのビルとくらべても巨大です。高さ24mで「中村の大鳥居」と呼ばれ、京都の平安神宮大鳥居と同じ高さで、創建当時世界一高い鳥居であったらしいです。世界一といっても鳥居があるのは日本だけだと思いますが・・


f:id:tamikiti67:20190121200359j:image

 

豊国神社の参道を歩きます。毎月9のつく日に「豊國参道 九の市(くのいち)」と呼ばれる朝市が60年続いているそうです。


f:id:tamikiti67:20190121200426j:image

 

豊国神社の入り口です。


f:id:tamikiti67:20190121200445j:image

 

秀吉清正公園の看板が立っています。秀吉だけでなく加藤清正もこの一帯で生まれたらしく両者を冠した名前がついています。 戦国時代の英雄二人がこの地で生まれているというのも面白いですね。

f:id:tamikiti67:20190121200536j:image

 鳥居は巨大でしたが、神社そのものは意外なほどこじんまりしていました。

f:id:tamikiti67:20190121200630j:image

中村公園は野良猫が多いですね。 


f:id:tamikiti67:20190121200655j:image

 

栄養状態が良いのか、なかなかいい体つきをしています。 エサをあげないでという看板がところどころにありました。きっとあげている人が多いのでしょう。


f:id:tamikiti67:20190121200718j:image

 


f:id:tamikiti67:20190121200733j:image

 

中村公園の敷地内には秀吉清正記念館を併設した区民図書館があるのですが、さすが月曜日、やはり休館でした。残念。


f:id:tamikiti67:20190121200758j:image

 

中村公園に隣接して名古屋競輪場があります。


f:id:tamikiti67:20190121200828j:image

 

本日はレースはありませんでしたが、他の競輪場のレースの車券を買いに来ているおじさん、おじいさんたちがいました。パッとのぞいたところ公営ギャンブルをたしなむ人たちの高齢化がすすんでいますね。
f:id:tamikiti67:20190121200841j:image

 

ところで名古屋駅から中村公園へむかう途中、ソープランド街を通りました。(写真はソープランドでない)


f:id:tamikiti67:20190121200909j:image

 

ソープランドにカメラを向けるのもどうかと思いましたので写真はとっていませんが、このあたりは大門といわれる地区のようです。名古屋駅西側に風俗街があるというのは聞いていましたが、ここらへんがそのようです。実際に来るのは初めてです。意外と名古屋駅から遠く、徒歩で普通に行くことのできる距離ではありません。最寄り駅は地下鉄東山線中村日赤駅になります。

 

なぜここがソープランド街か不思議といえば不思議です。商店と住宅が混在する雑然とした街の中にソープランドがあります。おもしろかったのはピアゴというユニーのスーパーがあるのですが、その前にソープランドが立ち並んでします。買い物のおばちゃんたちとソープランドというなんともいえないシュールな光景ですね。夜に訪れるとおもしろそうです。

 

ちなみにグーグルマップで中村区+ソープランドで検索するとこのようにヒットします。

f:id:tamikiti67:20190121204556p:plain

 

このあたり、大門一帯は大正時代にあった大須遊郭が移転してきて中村遊郭が形作られたそうです。下記のサイトにも詳しくありますが、当時の遊郭の面影を残す和風建築がところどころに残っています。蕎麦屋になったりデイサービスセンターになったりしているようですが、できれば末永く保存されて当時の雰囲気を後世に伝えてくれるといいですね。

 

jouhou.nagoya

 

今日は献血の後に散歩したので2~3時間しか時間がとれなく駆け足でしたが、また大門地区を目当てに訪れたいと思います。

 

 

こちらは高層ビルの立ち並ぶ名古屋駅。ゴール地点です。
f:id:tamikiti67:20190121200949j:image