実家にあった扇風機型ハロゲンヒーター 年寄りの家の家電の更新は難しい

f:id:tamikiti67:20190217165341p:plain

昔、一世風靡していた扇風機型のハロゲンヒーターでしたが、大阪の実家でまだ現役で使用されていました。

 

ドウシシャのPieriaというブランドのモノです。扇風機型ハロゲンヒーターは幾多の二流メーカーが参入し(ドウシシャはその中ではまだマシか)、結果リコール品の嵐となりました。当時日立以外の一流メーカーは製造しなかったそうですね。

 

f:id:tamikiti67:20190217165205p:plain

https://www.nite.go.jp/data/000059764.pdf

 

実家で使われていたハロゲンヒーターも強弱の運転切り替えができず、たまに電源を入れても発熱しないこともあり、かなり怪しいです。

 

いまさら販売者に電話かけても面倒くさそうですし(梱包して送ってくれとか言われそう)、早く処分して新しい電気ストーブを買ってあげないといけないなと思います。

 

年寄りだけの家は家電の更新などが大変ですね。ハロゲンヒーターくらいですといいですが、冷蔵庫やエアコンとかになってくると壊れない限り永久に使いそうです。しかし新品を購入してもいつ老人ホームに入ることになるかもしれませんし・・・

 

とりあえずうちの両親の家ではエアコン1台、冷蔵庫1台、ガス給湯器が問題となってきていますかね。買うべきかこのまま使うべきか判断が本当に難しいです。